Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

改善する(改定や方向転換)

August 14, 2018

先日「経営の原理原則」について書きましたが、その一つ一つを少し深掘りしています。
 

復習のために毎回お伝えしていますが
 

「経営の原理原則」とは
 

知る(優先課題の抽出) ⇒ 学ぶ(情報やノウハウ) ⇒ 実行する(目標設定、スケジューリング) ⇒ 検証する(定期的に) ⇒ 改善する(改定や方向転換) ⇒繰り返す(忍耐力)⇒ 成功する(目標達成)
 

このことを自分にコミット(約束)して続けることができるかどうかでしたね!
 

今日は第五段階の「改善する(改定や方向転換) 」です。

 

会社には採算の良い事業(部門)とそうでない事業(部門)があります。

 

当然のことながら採算の良いものにできるだけ積極的に投資を行い、採算の悪いものは縮小あるいは整理していくというスタンスになります。

 

定期的に検証する中で何が悪いのか分析ができているはずですので、問題はそれをどう改善(改定あるいは方向転換)していくかです。

 

改定と方向転換では少しニュアンスが違います。

改定とは既存の商品やサービスに新たな付加価値を加えたり、新たな市場やターゲットに広げたり変えたりして改良していくことです。
 

方向転換とは1つの事業そのものを別の事業に変えていくことです。

転換には関連した事業への転換と非関連の事業への転換があります。

 

近年のサイクルの速い市場の中では1つの商品やサービスが成長期から成熟期を迎え衰退期に入るまで3年〜5年といわれています。

 

という事は3年〜5年の間に少なくとも会社の事業の3分の1程度は見直しを図らなければならないことになります。

 

なぜ3分の1かといいますと半分以上を転換した場合、万が一失敗したときにリスクがあまりにも大きいからです。

 

グローバル化経済の中で最近顕著になってきている事象がいくつかあります。

例えば

・少子化による国内市場の縮小と海外市場への展開

・小売業の変化(実店舗からネット販売へ)

・労働力不足による労働市場の流動化

・AI ・IOT・フィンテックなどのIT革命

・世界中がつながることをができるICTの発展

など

 

人・モノ・金という経営資源をこのような新たな経営環境に適応させなければならないことが多くなっています。

 

同じことを同じやり方で長年続けていってしまうことほどリスクが増えるということを自覚しなければならないのです。

 

私の顧問先でも最近は戦略転換の部分で、新しい販売の仕組みを作るとか、海外展開を視野に入れた計画を立てることが多くなっています。

やはり新たな活路を見出すためにはそのようなことが必要不可欠となっているのです。

 

ところでここ数年緊急の課題となっている事業承継でもこの改善(改定や方向転換)というテーマがポイントとなっています。

 

実は後継者不足で第三者承継も多いのですが、逆に廃業する会社も増えています。

なぜなら多額の長期借り入れで事業承継が不可能だと考えている経営者が多いのです。

 

全国の中小企業の約70%以上は赤字会社です。

借金問題がここにきて大きな課題になっています。

 

そのために中小企業庁では

「第二会社方式による事業再生に関する支援」をスタートしています。

 

第二会社方式とは、過剰債務等により財務状況が悪化している中小企業の収益性のある事業を会社分割や事業譲渡により切り離し、他の事業者(第二会社)に承継させ、また不採算部門は旧会社に残し、その後旧会社は特別清算等を行う事業再生手法です。

 

つまり改善(改定や方向転換)が遅れた会社に対して、債務を清算し、可能性のある事業は廃業させずにそれを残すための国の支援なのです。

 

借金が多くもうこれ以上事業を継続できないと思われている経営者の方々!

このような救いの神があることを知っていただき可能であれば活用していただければ幸いです。

詳しい内容はこちらからご覧ください

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/g_book/h22/gb060.html

 

ともあれ、国内の事業者は日常的に事業の見直しを図りながら新たな方向へ変換していかなければならない環境にあるのです。
 

資本力に乏しいわれわれは早めに手を打っていかなければあっという間に飲み込まれてしまいます。
 

改善(改定や方向転換)習慣を身に付けましょう。

熊本 経営コンサルタント(マーケティング専門コンサルタント) 椿 羊一 の経営支援「参謀サービス」サービスの概要と支援メニューはこちらhttp://www.sanbouyaku.com/

経営者にとって情報やノウハウは「言うは易し、行うは難し」です。実行力が伴わないところを後押しいたします。
 

 


 

 


 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索